学習塾経営の原理原則 | 生徒集客や売上増加を成功したいあなたへ。
学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー セミナー動画学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー シークレットマネジメントレポートのご案内学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー  集客成功12の法則 無料メールセミナーのご案内学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー  コンサルティング実績学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー  コンサルティング料金_お申込
 
 
 ■学習塾経営 集客成功のカギは「エリア選定6つの項目」にある!
 
 

 早いところでは11月から新規開校するところもありますね。

 こうした時期に新規開校するのは、様々な理由があります。

 その1つとして、季節講習などの一大顧客創造期とはずれている

 ものの、春先へ向けて市場認知度を高め、春に集客効果を

 最大化するメリットがあります。

 

 

 新規開校で重要になる1つが、やはりエリア選定です。

 今号では、エリアを選定する際に、以下の6つの観点で候補エリア

 を取捨選択する方法をご提案します。

 

 

 その6つとは・・・

 ==============================

 ■ターゲット人口

 ■マーケットサイズ

 ■成長性

 ■他塾数・他塾優位性

 ■販促コスト

 ■ターゲットエリア選定・攻めやすさ

 ==============================

 

 

 それでは、以下に各項目のポイントを記入していきます。

 (※実際には様々なデータを用いて分析します。

   弊社でもエリア分析の専用データを用いて分析し、

   クライアント様にご提案します。)

 (※データだけでなく、実際に自分の足で見て回り、エリア特色や

   情報を収集することも忘れてはいけません。)

 

 

 

 

 ────────────────────────────────

 ■ターゲット人口

 ────────────────────────────────

 

 全国のエリア情報を収集すると、商圏内において1つの目安となる

 ターゲット人口がわかります。その目安人口から該当エリアは

 多いか、標準的か、少ないかを分析します。

 

 

 

 

 ────────────────────────────────

 ■マーケットサイズ

 ────────────────────────────────

 

 同様に、全国のエリア情報を収集すると、商圏内において1つの

 目安となるマーケットサイズがわかります。

 その目安となるマーケットサイズから該当エリアの規模が大きい

 か、標準的か、小さいかを分析します。

 

 

 

 

 ────────────────────────────────

 ■成長性

 ────────────────────────────────

 

 ほとんどの塾で「12歳〜14歳」「6歳〜11歳」が

 メインターゲットになるでしょう。それ以外に商圏内の

 「0歳〜5歳」のカテゴリー人口もしっかり把握してください。

 それぞれのカテゴリー人口にあまり減少がないかどうか、または

 増加しているどうかにより、その市場の成長性もわかります。

 

 

 また、商圏内の教育支出も収集します。これにより商圏の

 おおよその所得水準もわかります。

 また、例えば「小学生のターゲット人口は多いのに、教育支出が

 目安より少ない」というエリアも出てきます。その場合、通塾率が

 平均より低いのか、安価な習い事に通う層が多いのか等、原因を

 推測・分析していき、最終的なコース・料金体系に反映させます。

 

 

 

 

 ────────────────────────────────

 ■他塾数・他塾優位性

 ────────────────────────────────

 

 当然、魅力的なエリアであれば、それだけ競合他塾が多くなり

 ます。他塾優位性のある商品やサービスを考えることが最優先に

 なります。

 

 

 

 

 ────────────────────────────────

 ■販促コスト

 ────────────────────────────────

 

 当然、マーケットサイズが大きくなれば、それだけ販促コストが

 多くなります。また、1回のチラシでどれだけの広告費を計上

 できるか、予算も考える必要があります。

 

 

 

 

 ────────────────────────────────

 ■ターゲットエリア選定・攻めやすさ

 ────────────────────────────────

 

 専門的に言えば「ランキングMAP」というものがありますので、

 その分析からターゲット人口の商圏内の分布を把握していきます。

 商圏のどのエリアにターゲットが多く住んでいるのか、

 どのエリアに集中して攻めていくかが決まります。

 

 

 例えば、テナントから遠いところにターゲットが多く住んでいる

 商圏の場合、単純に生徒集客のドーナツ化現象が起こりやすく、

 より遠方のエリアに攻める必要性も出てきてしまい、攻めにくく

 なります。

 

 

 

 

 本当はもっと細かくお伝えしたいところですが、紙面の関係上、

 上記6つの項目においてポイントを中心に記入させて頂きました。

 これらの項目を総合的に分析して、候補エリアを取捨選択して

 いきます。

 

 

 

 ■HPトップへ戻る    ■ブログトップへ戻る

 
 

 

学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー コンサルティング料金_お申込

 
学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー お電話でのお問い合わせ 学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー 初回無料ご相談フォーム
 

学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー

〈会社HP〉 〈特定商取引法に基づく表記〉 〈無料メールセミナー〉 〈コンサルティング実績〉 〈生徒集客成功レポート〉 〈コース料金〉

 

ご不明な点やご質問はinfo@clover-consultant.jp まで、メールにてお問い合わせ下さい。

 

Copyright clover-consultant.jp All rights reserved

学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー

 

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system