学習塾経営の原理原則 | 生徒集客や売上増加を成功したいあなたへ。
学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー セミナー動画学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー シークレットマネジメントレポートのご案内学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー  集客成功12の法則 無料メールセミナーのご案内学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー  コンサルティング実績学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー  コンサルティング料金_お申込
 
 
 ■学習塾経営 集客成功のカギは「狙いの明確化」にある!
 
 

 9月は、中長期的に見れば次年度を見据えた生徒集客となり、

 短期的に見れば冬期講習成功のために動き出す月となります。

 

 

 講習の成功の定義は各塾の置かれている状況、目指すべき教室像、

 業績などによって異なると思いますが・・・

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ■「内部参加数(参加率)」

 ■「外部集客数や入塾数(入塾率)」

 ■「売上確保(次年度へ向けた販促資金の確保)」

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 ・・・上記3つをどのレベルまで達成させるかで成功の定義は

 変わっていくでしょう。

 

 

 もちろん上記項目を成功させる土台の1つは講習設計をどう

 組み立てるかにも左右されますが、一番は塾長が狙いを持って

 どの時期に何をするか、戦略や戦術を明確にすることです。

 

 

 例えば・・・

 いまの教室状況や顧客特性から、紹介喚起や紹介による広がりが

 難しいようであれば、新しい顧客層を獲得し、そこから紹介喚起を

 行うことが必要になります。

 そのためには、10月、11月に新たに広告予算を組み、塾内の

 積極的な自己開示、お子さん一人ひとりにフォーカスした

 成長ストーリーを訴求する販促活動に注力し、冬期講習集客に

 つなげる戦術も必要です。

 

 

 例えば・・・

 10月、11月の内部満足強化や退塾防止を図るのであれば、

 親御さんや生徒さん一人ひとりの接点を多くする、通塾成果の

 フィードバックを徹底する、何よりもスタッフとの方針共有や

 育成に時間と労力をかける、そのための戦術を考える必要が

 あります。

 こうして冬期講習で紹介喚起につなげていくのです。

 

 

 

 

 ───────────────────────────────

 ■「狙いを明確にする」

 ───────────────────────────────

 

 集客で苦戦している塾は、まず根幹となる狙いが曖昧である特徴

 があります。

 例えば、各月の戦略や戦術(その背景、意図、狙い)が曖昧である

 塾は意外と多いようです。結果、具体的な戦術になりませんから、

 スタッフとの連携や集客効果性を発揮できないのです。

 

 

 狙いは、その他にも「仮想敵塾」「強化エリア」「販促の

 タイミング」「集客誘導の入口と出口」等、多面的に考える

 必要があります。そこには、そう判断(決断)した背景、意図、

 狙いがあるはずです。これらをしっかり考え、9月、または

 10月から動き出すのです。

 冬期講習が成功するかどうか、その動き出しは今から始まって

 いるのですから。

 

 

 

 

 ───────────────────────────────

 ■「思いつきで動かない」

 ───────────────────────────────

 

 直感は大事です。直感は、単なる思いつきではなく、多くの経験

 から導き出されたものでもあるからです。どうしても答えに

 悩んでしまった場合、直感で選択したものが正解であることも

 多いでしょう。

 

 

 しかし、思いつきで動き出してしまうのは要注意です。

 そこには何の狙いも、根拠も、意図もありません。単に塾長が

 「こうしたほうが良いかも」という曖昧な意思決定によるもの

 で、場合によっては自己都合の意思決定(そのほうが自分にとって

 楽だから)になっている場合もあります。

 

 

 この場合、起こるだろうリスクまで考えていないことが多いので、

 後になって問題が起きた場合に慌ててしまうという塾もあります。

 また、思いつきの決定はそもそも具体的ではないので、スタッフは

 理解できません。スタッフはシナリオやその後の成功像を具体的に

 イメージできないのです。よって、スタッフとの共有や連携の強化

 ができません。

 

 

 思いつきで決断することなく、「狙い」「具体性」「リスク」

 「代替案」、この4つを常に意識して意思決定しなければ

 なりません。

 

 

 

 

 最後に・・・

 9月は、中長期的に見れば次年度を見据えた生徒集客となり、

 短期的に見れば冬期講習成功のために動き出す月となります。

 冬期講習が成功するかどうか、その動き出しは今から始まっ

 います。

 そのためには、何よりも狙いを持って思考し、塾を盛り上げて

 ください。

 

 

 

 

 ・・・さて、今号では以下のポイントをお伝えしました。

 

 ==============================

 ■「狙いを持ち、どの時期に何をするか戦略や戦術を明確化」

 ■「冬期講習が成功するか、その動き出しは今から始まっている」

 ■「狙い、具体性、リスク、代替案」、この3つを常に意識」

 ==============================

 

 

 今号のポイントが、あなたの塾の教室運営や学習塾経営の一助に

 なるようでしたら、これ以上嬉しいことはありません。

 

 

 

 ■HPトップへ戻る    ■ブログトップへ戻る

 
 

 

学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー コンサルティング料金_お申込

 
学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー お電話でのお問い合わせ 学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー 初回無料ご相談フォーム
 

学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー

〈会社HP〉 〈特定商取引法に基づく表記〉 〈無料メールセミナー〉 〈コンサルティング実績〉 〈生徒集客成功レポート〉 〈コース料金〉

 

ご不明な点やご質問はinfo@clover-consultant.jp まで、メールにてお問い合わせ下さい。

 

Copyright clover-consultant.jp All rights reserved

学習塾経営 集客加速術コンサルタント クローバー

 

inserted by FC2 system